トップへ連絡先会社概要企業理念最新情報
 

伸栄通商株式会社 輸出入部門


 2016

 

■看護・介護高度人材候補インタビュー:2016年3月14日 
 レジンロレイン(2015年5月末日本語学校入学-N3レベル)



 2015

 2015年11月13日より、ブラカン州グローバルアークス日本語学校からジャーシー
(学習暦6ヶ月)とロレイン(学習暦5ヶ月)の2名の視察を受け入れました。
実際に特別養護老人ホームの市原寮、花友いちはら、にしこうじ、しらかわの各施設
を見学して、日本の先進介護の状況をレポートしました。
又、11月15日に実施した難易度の高い(記述があります)Jテストも大阪で受験しました。
結果は見事ジャーシーがA-Dレベル試験で447点(Nレベル3が400点以上N2レベルが
500点)以上得点し、ロレインはE-Fレベル試験で414点-(N4レベル)の得点でした。
彼女たちはフィリピンの大学の看護学科を卒業し、看護師の有資格者です。
グローバルアークスでも授業に臨む姿勢を評価して、レポーターに抜擢しました。
今後導入が予想される外国人介護士の指導者となるべく、高度な日本語だけでなく、
高度な介護の知識・技術を学んでいくことになります。


帰国前夜、市原寮森理事長が打ち上げを開いて頂きました。 

■ジャーシーのレポート
■ロレインのレポート 












 現在、(一社)国際高度人材開発センターでは正会員・賛助会員を募集致しております。
人材にお悩みの社会福祉法人様を正会員に、趣旨にご賛同頂ける企業様を賛助会員 としてお迎えしております。                        
正会員は年会費120,000円、賛助会員は年会費50,000円となっております。詳細は以下のフォームよりお問い合わせください。
            
 

 








 

1月11日マニラホテルにてフィリピン大学アマンテ副学長(写真右)を
囲んで、日本向け高度人材の育成をテーマに日本語教育の必然性を協議。
引き続き看護人材の育成において、毎年120人の看護人材を輩出している
フィリピンクリスチャン大学ディーンカレッジのMS.エドナ(右から二番目)
とは今後日本側との提携の可能性を協議しました。
結果として、ボードメンバー会議の次回議題として取り上げて頂くことに
なりました。
 

 
昨年の11月フィリピンで猛威を振るった台風ハイエンの残した爪痕は未だに、深く残されたまま復興も捗っていないというのが現状です。
公益社団アジア協会アジア友の会のフィリピンカウンターパートでは2014年11月30日マニラグランドオペラホテルにて、チャリティーコンサートを開催いたします。
微力ながら弊社も後援させて頂きます。
趣旨にご賛同頂ける個人・団体様は是非、ご一報ください。
 



 
2014 

 
  ■12日1日(福)市原寮・福祉医療国際研究センター
の研究員として弊社代表藤野が迎えられました。
今後は海外人材育成を通じて福祉業界の国際化に
貢献をして行きたいと考えております。


11月10日、予てより人材育成において取り組みを進めている
ブラカン州赤十字社総裁の経営するモンテッソリースクールを訪れました。
赤十字のルーツとなるナイチンゲールの精神を持ったホスピタリティー溢れる
当校の育成する人材はテクニカルな医療に傾斜しがちの日本の看護・介護業界に
必ずや新しい風を吹き込んでくれるものと確信しています。
写真右からロゴス校長(元ブラカン州立大学副学長)、隣がバルトロメ総裁です。
 

 
 

   ■2014 年10日6日に設立された国際高度人材開発センターは社会福祉法人市原寮・福祉医療国際研究センターに於けるフィリピンとの人材開発プロジェクトを承継し、2020年に25万人、2025年には37万人が不足すると予測される介護人材の供給源を海外に求めるべく、人材の開発並びに育成事業を行ってまいります。
尚、弊社代表者の藤野が執行理事に就任致しました。




2014年9月1日〜9月4日
ブラカン州・パンパンガ州との取り組みに関する
フィージビリティー・スタディー最終検証を目的とした訪比


■TESDAリージョンV本部での協議
※TESDAとは労働雇用省技術教育技能教育訓練庁の略です。
写真正面はブラカンを始めとしたルソン島7州の統括責任者Mr.Gachalian
早朝ミーティングも会食をしながらのリラックスした中で意見交換が行われました。
 

 
 ■ブラカン州政府を訪問し、知事主導の関係者協議
※写真中央はアルバラードブラカン州知事



 
2014年8月21日〜23日
フィリピンTESDA(教育訓練庁)及びブラカン州政府視察団来京

■京都府立医科大学でのシンポジウム開催
※解説は面田看護学科長、通訳は教養教育講座准教授
 
 
※山岸前学長・名誉教授(前列左から2番目)を囲んで 
 
■社会福祉法人市原寮Gでの先進福祉現場の視察
※花友にしこうじ、花友しらかわ、花友じゅらくだいを訪問
 


2014年7月7日
ココン烏丸4Fシティラボ内に海外高度人材導入コンサルティング会社

ASIA HUMAN RESOURCES
準備室開設
2014年11月4日
ASIA HUMAN RESOURCES LLC.
設立登記
to

深刻な労働力不足にお悩みの企業様、外国人労働者の雇用上のトラブルを
抱える企業様への無料カウンセリングを行っております。
まずはコンタクトを

 

2014年8月21日〜23日
フィリピンTESDA(教育訓練庁)及びブラカン州政府視察団来京

■京都府立医科大学でのシンポジウム開催
※解説は面田看護学科長、通訳は教養教育講座准教授
 

 
※山岸前学長・名誉教授(前列左から2番目)を囲んで 
 
■社会福祉法人市原寮Gでの先進福祉現場の視察
※花友にしこうじ、花友しらかわ、花友じゅらくだいを訪問
 



11月10日、予てより人材育成において取り組みを進めている
ブラカン州赤十字社総裁の経営するモンテッソリースクールを訪れました。
赤十字のルーツとなるナイチンゲールの精神を持ったホスピタリティー溢れる
当校の育成する人材はテクニカルな医療に傾斜しがちの日本の看護・介護業界に
必ずや新しい風を吹き込んでくれるものと確信しています。
写真右からロゴス校長(元ブラカン州立大学副学長)、隣がバルトロメ総裁です。
 

 
////////IAHRDC////////

1月11日マニラホテルにてフィリピン大学アマンテ副学長(写真右)を囲んで、
日本向け高度人材の育成をテーマに日本語教育の必然性を協議。
引き続き看護人材の育成において、毎年120人の看護人材を輩出している
フィリピンクリスチャン大学ディーンカレッジのMS.エドナ(右から二番目)
とは今後日本側との提携の可能性を協議しました。
結果として、ボードメンバー会議の次回議題として取り上げて頂くことになりました。
 

 

昨年の11月フィリピンで猛威を振るった台風ハイエンの残した爪痕は未だに、深く残されたまま復興も捗っていないというnのが現状です。
公益社団アジア協会アジア友の会のフィリピンカウンターパートでは2014年11月30日マニラグランドオペラホテルにて、チャリティーコンサートを開催いたします。
微力ながら弊社も後援させて頂きます。
趣旨にご賛同頂ける個人・団体様は是非、ご一報ください。
 




////////IAHRDC//////// 

 伸栄通商株式会社 コンサルタント部門

 
Copyright2013 STC All rights Reserved.